プレスリリース PRESS RELEASE

新着
歩道公道対応&レース対応車両開発に向け<限定車両ご寄贈特典付>クラウドファンディング受付開始!
新着
二度見必至!ワンホイール ONEWHEEL i-1 初めての電動一輪バイク 試乗レポートと近未来の可能性について
新着
試乗レポート! バイク情報誌 タンデムスタイル でおなじみの近藤スパ太郎氏 初めての電動一輪バイク ONEWHEEL i-1に乗ってみた!
新着
電動一輪バイクの夜明け 国内零細ベンチャーの挑戦 キーワードは自由な発想を大切にしたいとの想いから  ONE WHEEL i-1 開発手記より

当運営事務局では各種メディア様向けに電動一輪バイク ワンホイール ONEWHEEL i-1の無償貸出、取材対応、NEWS、企画、映像、写真、イラスト等の様々な公式情報提供を積極的にご提供させて頂きます。
報道関係者各位
プレスリリース
2016年3月15日
ワンホイール運営事務局 広報担当
http://www.onewheel.jp/press/
info@onewheel.jp


近未来の乗り物 『電動一輪車 ONEWHEEL(ワンホイール) i-1』追加販売の予約受付開始


ワンホイール運営事務局(所在地:滋賀県犬上郡、事務局長:森田 修榮)は、世界初、ハンドル、アクセル、ブレーキ操作特許技術機能を搭載した『電動一輪車 ONEWHEEL(ワンホイール) i-1』国産スタンダードモデル 電動一輪バイク(450W)の国内初の限定テストモニター追加販売の予約受付開始決定。公式WEBサイト http://www.onewheel.jp/ で事前募集受付をした企業様向け、イノベーター個人様向けにテストモニター販売用として出荷開始予定。売上の一部はグリーンプロジェクト社会貢献活動として環境保護対策に役立たせて頂きます。尚、今回募集の限定生産品は、フル・アルミフレームで車両総重量は約20kg程度までに軽量化。動力電源の60V以外にも将来の拡張電源(例:公道仕様拡張、ロボット制御機能拡張等)として12V電源も標準装備。簡易に脱着できるボトル型リチウムバッテリーパックに「12Vシガライターソケット」と「USB電源」を標準装備。車両装着時や取り外し後もポータブル電源、災害時のライフライン非常用電源としてスマホやタブレットへの充電電源をはじめ、オプションのDCコンバーター装着で100V電源も取れる事から、利用目的に応じて広範囲な活用が可能。


<近未来の乗り物 電動一輪バイクの可能性>

近未来の乗り物 電動一輪車 の特徴として、タイヤが一つ、体積や重量が通常のガソリンバイクの1/4-1/5で済み資源消費を低減させる事が可能で、且つ省エネルギーやクリーンエネルギーなので環境負荷を極限まで低減可能。確かに電動一輪車は不安定な危険特性を持ってはいますが、反面、ホイールベースが無く理論上は究極の小回りが実現可能。また、電動一輪車は、多輪車に比べ転がり抵抗や摩擦抵抗を最小限度に抑える事ができ、構成する部品点数や車両重量も最小化出来ます。多輪車で摩擦抵抗が大きく重量を必要とする“重戦車”と対極にある“究極に簡易構造の一輪車”を比べれば一目瞭然。どちらが省エネルギーで走行させる事が出来るのか?また、どちらが資源消費を低減可能か?あるいは、どちらが地球環境に優しいのか?つまり、理論上は地球上の車輪が付いた乗り物の中では最も効率的で究極の省エネルギー化を実現可能。低炭素社会を目指す近未来において、電動一輪バイク スマートモビリティの無限の可能性と価値を見出すことが可能となりました。将来はデザイン開発の起点となった宇宙開発への貢献も視野に入れ新たな可能性に挑戦すべきと考えております。




<電動一輪バイクの活用場面と今後の展望>

近い将来には、電動一輪車を歩行補助具として歩道対応車両を開発予定。今回の限定車両には歩道対応別売りカスタムパーツとして、ボルトONの後付けが容易に可能。現実的に都市部の多忙なビジネスマン向けに、オフィス間の歩道往来時に情報支援アシスタント機能やコミュニケーションを中心とするSNS連動、ナビゲーション、バイリンガル機能等、ビジネスや生活に密着したロボット機能とモビリティの融合により、「楽しく快適で情報支援アシスタントロボット機能を持つスマートな移動体」として、また、福祉や医療分野での貢献(コミュニケーションツールとしての心のケア、特有医療介護情報の提供、リファビリ効果、経済社会への参画、GPS管理システム搭載、介護分野のサービス負担軽減等)も見据え幅広く社会に貢献出来るよう役立てたいと考えています。まずは、会話や情報支援アシスタント機能いうコミュニケーション機能を中心に、「オハナス君」、「ペッパー君」、「アシモ君」を代表とする人工知能AIの搭載に向け、関連研究機関様、関連企業様に向け技術支援の要請を呼びかけていく予定です。更にネットや専用サーバーを介したウェアラブルの搭載構想として、例えば、グーグルの「Project Glass」、「アップルウォッチ」を代表とするウェアラブルとの連携を検討中です。次に、スマート水素燃料電池車として、究極の資源消費と省エネルギーモビリティとして幅広く社会に貢献出来るよう関連研究機関様、関連企業様に向け技術支援要請を呼びかけていく予定です。そして、最終目標として宇宙開発への貢献も視野に入れ新たな開発に取り組んでいきます。まずは、”惑星鉱石運搬車”をモチーフにデザインした”無人の電動一輪ダンプカー”1/50スケールモデルなるものをデザイン具現化しました。概算設計値では、生産コスト、資源消費(重量、体積)は、1/10以下。環境負荷低減は極限にまで低下可能。今後、遠隔操作、自動運転機能を搭載予定です。また宅配貨物車等への技術転換により未来の事業者向け無人ロボットとしても開発展開を進めていきます。



[ "惑星鉱石運搬車をモチーフ”にデザインした "未来の電動一輪ダンプカー" 1/50スケールデザインモデル ]



■ スタンダードモデル(450W)基本構造と公式スペック
<アクセル機能&ブレーキ機能>
基本的には、ジャイロ搭載のバランス型電動一輪バイクなのですが、特許技術が採用されているハンドリング&オートスイング機構、ストッパー&リバーススイング機構、ジャイロ変位コントローラーを搭載したアクセル機能、同ブレーキ機能が搭載されています。「誰でも簡単に安全に遊びごころを持って楽しく乗車できる電動一輪バイク」の開発コンセプトと様々な工夫がしっかり反映されています。


<スタンダードモデル(450W)走行距離・速度&重量>
最大航続距離は10-20km程度/1充電、ハンドル下側のタンクに見える部分には1~2パックの脱着可能型リチウムイオンバッテリーを搭載可能(標準:1パック搭載、オプション:2パック搭載可能)、バッテリーパックは簡易に取り外し可能で、予備に数本持っていれば交換により長距離連続走行も可能です。最高速度は20km/h程度で、乗る人の体重により変動します。総重量は僅か20kg程度と、バイク車両としては世界最軽量レベルで持ち運びも容易です。




■製品概要

製品名   :電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1 スタンダードモデル(450W)
価格(予定) :2017年以降メーカー希望小売価格予定 398,000円 (税込) [本体+専用リチウム+充電器]
重量    :約20kg
最高速度:約25km/h(6km/10km/15km/無制限 速度制限機能追加予定) ※乗る人の体重により変動
最大航続距離:約10-20km/1充電
  ※大容量のカスタムバッテリーパックにより長距離連続走行も可能


ワンホイール公式サイト運営事務局

ワンホイール プレスリリース
http://www.onewheel.jp/press.html
*別途ロゴ無し動画や写真、音声無し動画もダウンロード提供可能

TEL/FAX:0749-29-2670
E-mail:info@onewheel.jp




[ ロゴサウンド付 ダウンロード動画 ]

ONEWHEEL Revolution1 電動一輪バイク ワンホイール
動画ダウンロード12.5MB

ONEWHEEL i-1 RIDE1 電動一輪バイク ワンホイール
動画ダウンロード33.9MB



[ ロゴサウンド無 ダウンロード動画 ]

ONEWHEEL Revolution1 電動一輪バイク ワンホイール
動画ダウンロード52.7MB

ONEWHEEL i-1 RIDE1 電動一輪バイク ワンホイール
動画ダウンロード116MB

[ ダウンロード用 公式商品画像 ] プレスリリース公式商品画像提供用 圧縮ファイルダウンロード



関連キーワード:ONEWHEEL,@NEWHEEL,i-1,ワンホイール,電動一輪バイク,電動一輪車,電動バイク,スマートバイク,パーソナルモビリティ,ライノ,セグウェイ,動画,MADE IN JAPAN,Scooter,motor bicycle, motorbike, motorcycle,segway,ryno,Self-balancing Scooter,Unicycle,Ride,video